コンピューターの装置

コンピューターの演算装置

トップ

コンピュータとCPU

コンピューターを構成している装置の1つにCPUがあります。CPUとは、「CentralProcessingUnit」の略で、別名をプロセッサーといいます。CPUそのものは小さなチップですが、制御装置と演算装置から構成されているCPUは、コンピュータの頭脳、または心臓に相当する中核です。主に入力装置、メモリー、周辺機器等からデータを受け取り、計算、処理、制御、命令を行いますが、1回の命令で処理できるデータ量によって、色々な種類があります。数値が大きいものほど性能が高いです。しかし、性能が高いものほど、値段も高くなるので、コンピューターの値段はCPUの性能に左右されます。

演算装置はコンピュータのCPU

コンピューターと言うものは大きく分けて5つの装置が利用されています。1つ目は記憶装置であり、これはメモリやハードディスクなどの装置になります。2つ目は入力装置であり、キーボードやマウスなどの装置になります。3つ目は出力装置であり、処理を行った結果をモニターに表示させる装置であり、ディスプレイなどがこれに該当します。4つ目は制御装置であり、コンピューターの他の装置に対して命令を行うための装置です。そして5つ目は演算装置であり、これはCPUであり、算術演算や、論理演算などを行う装置の事を意味しているのです。

コンピューターの基本情報