コンピューターの資格

コンピューターを使う仕事

トップ / コンピューターを使う仕事

コンピュータ関連の資格

コンピューター関連の仕事をする人が資格取得を目指す場合、IPA(情報処理推進機構)が実施している情報処理技術者試験が最もポピュラーで、評価が安定しているといえる。初学者向けには「ITパスポート試験」があるが、仕事で扱う人であれば、最低限「基本情報技術者試験」には合格しておくべきである。試験範囲は、IPAのホームページにシラバスとして詳細に示されているが、アルゴリズムやプログラム言語とともに、内部統制や知的財産など、コンピューターに関わる基本的な知識を広く学ぶ必要がある事から、資格取得者への評価も高い。

コンピュータ関連の資格について

コンピューターの普及によって、私達の暮らしはより豊かに、便利になってきています。そこで、関連の資格には、どんなものがあるのでしょうか。例えば、デザイン関連などの感性を活かすような資格、また、他には、システム関連、ネットワーク関連のもの、ソフトウェアが使えるという証明、それから、電子商取引などを行うためのものなど様々なものがあります。コンピューターに関して自分がやりたい分野、興味がある分野についての情報収集をしてみて、取得を目指してみるというのもひとつの方法なのではないでしょうか。色々と自分の感性や特性を活かせるものを見つけるのに、良い方法の一つです。

コンピューターの基本情報